バック・トゥ・ザ・フューチャーでは2015年に車が空を飛ぶ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズは、1985年にパート1(通常はパート1という表題はありませんが、続編を説明する便宜上、パート1とします)が初公開されたハリウッド映画で、人気に応えるように、続編のパート2およびパート3も公開されました。

設定は1985年のアメリカで、主人公は高校生のマーティ・マクフライと科学者のドク(エメット・ブラウン博士)で、家族や同級生を巻き込みながら、過去と未来をタイムマシンで行ったり来たりするストーリーです。忘れてはならない登場人物に、マーティの父親の同級生で不良のビフ、そして、マーティのガールフレンドのジェニファーがいます。

パート1では、ドクが愛車のデロリアンを改造して造ったタイムマシンで、マーティの両親が高校生の時代である1955年まで行きます。ちなみに、タイムマシンは未来的ですが、パート1では未来には行っていません。

パート2では2015年の未来に行き、マーティが自身の息子の窮地を救います。なお、映画の中では、2015年の未来では車が空を飛んでおり、非常に夢のある話です。

パート3では、西部開拓時代まで戻り、ドクは運命の人に出会います。