ハリウッド映画の傑作『アルマゲドン』

歴代ハリウッド映画の中でも『涙せずにはいられない作品』は数々ありますが、中でも号泣レベルものとして名高い作品が『アルマゲドン』です。監督はこの作品で一躍世界的知名度をあげた「マイケル・ベイ監督」で、キャストはブルースウィリスにリブタイラー、若きベンアフレックなど名だたる俳優陣が出演しています。

ストーリーは地球に巨大な隕石が衝突する日が近いことを発見したNASAの精鋭たちが石油採掘のプロである「ならずもの」を集めて訓練し、宇宙で隕石を採掘し内側から核爆弾で破壊して地球を救おうとするストーリーです。

石油採掘会社のボス、ブルースウィリスふんする「ハリー」とその娘、リブタイラーふんする「グレース」、グレースの恋人で婚約者のベンアフレックふんする「A.J」、その他石油会社のハリーの良き右腕のチャックなど個性的なキャラクターが沢山出てきます。

力仕事を仕事としている彼らはみんな「前科あり」、「ギャンブルオタク」、「サイコ」などNASAの担当者たちに「こんなやつらに地球を託すのか」と呆れられるほどの訳ありキャラばかりです。男手1人で育て上げたグレースをどうしても自分と同じようなむじなの「A.J」と結婚させたくないハリーですが、娘とA.Jが愛しあっている事は知っていて、A.Jの仕事の実力も口には出さないけれどかなり認めています。そんな2人が宇宙で絶対絶命になった時に見せる「父の愛」と婿となるA.Jの思いに涙せずにはいられない作品です。

エアロスミスが主題歌を担当

1998年公開のハリウッド映画、「アルマゲドン」では、アメリカのロックバンド、エアロスミスの楽曲「I Don't Want to Miss a Thing」が主題歌として使用されています。この... 詳細はこちら⇒