ハリウッド映画のSFにおける名作

ハリウッド映画にはSFジャンル作品が数多く制作されております。近未来を描く事が多いSF映画は、特殊効果や映像技術をふんだんに駆使して、観客を夢と不思議な世界へ導いてくれます。現在は、グラフィック技術が進化して、とてもリアルな映像を作り上げる事が出来ております。

これまでに公開されたハリウッド映画のSF作品で、人気の高い作品をいくつか取り上げてみます。人気ランキングで必ず上位に入る作品として、『ブレードランナー』があります。1982年にハリソン・フォード主演で公開されたこの映画は、フィルム・ノワールとして作られており世界中に熱狂的なファンがおります。衝撃的な結末も大きな話題を呼びました。

スタンリー・キューブリックが1968年に制作した『2001年宇宙への旅』は20世紀に公開されたSF映画の名作として、その後の映画に大きな影響を与えました。同名の小説をベースにしておりますが、なんといっても象徴的なエンディングがこの映画の全てを物語っております。

上記に挙げた2作品はいずれもエンディングへ向けたプロットが優れており、今後も確実に語り継がれていく作品です。

ハリウッド映画はシリーズ化作品も多く見られます。例えば、『スターウォーズ』や『猿の惑星』、『スパイダーマン』などです。

特にスターウォーズほど世界中で人気のある作品も無いでしょう。ジョージ・ルーカスが制作したこの作品は、第1作目が1977年に公開されました。その後現在に至るまでにシリーズ作が公開され続けてます。今後もエピソード9まで公開される予定です。SF映画の多くは、非現実的な世界での出来事を見せてくれてます。近未来という設定が、多くの観客をわくわくさせ見た事も無い映像の世界へ引きずり込まれるような感覚になります。見終わった後は気分が爽快になる事もありますし、人生についてや世の中の事について考えさせられる作品もあります。ハリウッド映画の制作技術レベルは今後もますます上がっていくでしょう。